BLOGブログ
BLOG

室内型のお墓「納骨堂」なら相談無料の群馬県太田市の光彩堂

2018/12/21

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県の日本福祉サポートです。

皆さんの家には仏間が存在しますか?仏間とは一般的に仏壇のある部屋を指し、残された人が故人に思いを馳せる場所になっております。

しかし、近年、住居の洋風化が進み、昔と比べて仏間のない家が増えてきていますので、お線香をあげて故人とじっくり向き合いたい時は、お墓まで行く人も少なくないようです。

つまり、捉え方によっては、昔よりお墓に行く機会が増えてきたともいえますので、やはりお墓まいりをする環境や利便性は重要になります。

お墓にはご遺骨を収蔵する場所としての役割だけではなく、故人と向き合う場所としての役割も担っておりますので、日本福祉サポートの「光彩堂」のような天候に左右されずに、一年中いつでも快適にお参りできる室内型の納骨堂は大変お勧めです。

ご見学は随時受付しておりますので、ご興味のある方は、お気軽にお越しくださいませ。

日本福祉サポートは一般社団法人という立場で、全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。ご相談はもちろん無料ですので、遠方にお住まいの方でもお気軽にお問い合わせください。

ロゴ