BLOGブログ
BLOG

火葬をした後の納骨やお墓、そして永代供養の悩み相談事例

2019/02/07

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県の日本福祉サポートです。

葬儀に関する悩みは、おそらく葬儀社にきけば解決策を示してくれると思いますが、葬儀をおこなった後の悩みを一元化して相談できるところは、あまり多くないのではないでしょうか?

そのような現状もあり、これまで私達のところには、火葬をした後の納骨やお墓、そして永代供養に関する色々なご相談が寄せられてまいりました。

ご相談の事例としましては、「最近耳にするようになった納骨堂って、どのくらいの期間預かってもらえるものなの?」や「永代供養の費用って、いくらくらいかかるの?」といった内容や料金に関することから、「どんな書類を揃えなければいけないの?」といった手続き関係のことまで、実に多種多様です。

日本福祉サポートでは、皆様から寄せられる悩みや相談に対して、豊富な経験と知識をもった専門スタッフが、どんな些細なことでも一つひとつ丁寧にお答えいたします。(ご来館できない方からのお電話によるご相談も大歓迎です)

そして、ご相談対応の中で私達が心掛けていることは、極力専門用語を使わずに、分かりやすく親身なご説明することです。何かご不明な点やご不安な点等がございましたら、どうぞご安心して何でもご質問ください。

日本福祉サポートは一般社団法人という立場で、全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。お墓のことで残された人に負担をかけたくないとお考えの人には、永代供養墓や納骨堂は大変魅力ある選択肢の1つです。 ご相談はもちろん無料ですので、遠方にお住まいの方でもお気軽にお問い合わせください。

ロゴ