BLOGブログ
BLOG

インターネット時代の終活・・・「デジタル終活」って何?

2020/03/20

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

皆さんは「デジタル終活」という言葉を耳にしたことはありますか?

デジタル終活とは、終活行為の中でもインターネット上やパソコン・スマホの中などを整理することです。

例えば、生前に契約したデジタル関連の有料サービスは、契約者が解約しない限り自動更新・引き落としが続く可能性があります。

生前、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを利用していた場合、仮に更新が途絶えてもインターネット上にアップされ続けます。

しかし、残された家族が解約手続きをしようとしても、パスワードやIDがわからなければ、パソコンやスマホにログインすらできない状況になってしまいます。ネットバンクやネット証券等を解約する場合にも支障が出るでしょう。

そこで、エンディングノートなどのアナログの媒体に、利用している各サービス名やパスワード・ID、そして操作方法などをきちんと書き留めておくと共に、残しておきたいデータや不要データの整理も併せておこなうことをご推奨いたします。

日本福祉サポートは一般社団法人という立場で、全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。葬儀や納骨のことでご質問やご不安なことがございましたら、ご相談はもちろん無料ですので、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

また、財産管理や遺品整理等のサポートも積極的に対応しておりますので、何かございましたらお声掛け願います。

直接お会いすることが難しいお客様につきましては、お電話やメール等を活用して、ご相談に対応したいと思います。いつでもお気軽にご連絡ください。スタッフ一同、皆様のご相談を心からお待ち申し上げます。

ロゴ