BLOGブログ
BLOG

誰でも結構ですので身元保証人が必要です!と言われても…

2021/02/12

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

病気やケガで入院する時、あるいは手術を受ける際には、必要書類に記入して病院側に提出しなければなりません。

そして、それらの書類に目を通していくと、身元保証人の氏名と連絡先等を記入する項目があります。

病院側としては、入院中や手術中に、仮に本人に何かが起きた時、相談できる人がいないと困りますので、身元保証人は必要不可欠な存在といえます。

通常はご家族の方が身元保証人になられるケースが多いと思いますが、現代は高齢化社会です。近くに頼れる家族や親族もいない独居老人の方はどうすればいいのでしょう?

「病院の事務員さんから、誰でも結構ですので・・・と言われましたが、保証人と名がつく役割を簡単に頼める人は周囲にいません」・・・そんな声を耳にすることもありました。

そのような社会的な背景もあって、日本福祉サポートでは生活支援サポートの一環として、身元保証人がいない方を対象に、ひかりの会の会員になっていただくことで、私達が保証人になるサービスをスタートいたしました。

これからも日本福祉サポートは、一般社団法人として何ができるのか?どんなことに貢献できるのか?というテーマに対して、積極的に向き合ってまいります。

「こんなサポートをやっていただけると嬉しい」とか「こういうことはできないだろうか?」等、何かご意見等がございましたら、お気軽にご連絡ください。もちろん、できること・できないことは存在しますが、一つひとつのご意見に耳を傾けることで、今後の運営に役立てていきたいと思います。

ロゴ