BLOGブログ
BLOG

終活の留意点!納骨先や財産問題は揉める原因になりやすい

2021/05/26

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

ひとくちに終活といっても、身の回りのモノの整理、財産の管理、相続の準備、介護や入院が必要になった場合の自分の希望、葬儀やお墓に関すること、遺品の整理等々・・・その範囲は非常に多岐に渡ります。

特に留意しなければいけないのが、納骨先と財産に関することです。なぜなら、これらの問題は、後々トラブルの原因になりやすいからです。

供養に対する価値観が多様化した現代は、様々な納骨先の選択肢がありますので、自分の希望をきちんと表明しておくことが必要と考えます。

また、「自分には大して財産なんてないから相続とは無縁」と思われている人も、きちんと準備をしておかないと、ご遺族間で揉める原因を残してしまうことにもなりかねません。

財産の大小に関わらず、どのようしてほしいのかを記しておきましょう。

終活の第一歩としてお勧めなのがエンディングノートの作成です。一つひとつ項目を書き出していくことで、自分がやらなくてはいけないことや懸案事項が見えてくると思います。

日本福祉サポート全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。葬儀や納骨のことでご質問やご不安なことがございましたら、ご相談はもちろん無料ですので、どうぞご遠慮なくお問い合わせ願います。

また、ひかりの会の会員の皆様を対象に、財産管理や遺品整理等の生活支援サポートもおこなっております。ご興味のある方や入会をご検討されている方は、いつでもお気軽にご相談ください。

ロゴ