BLOGブログ
BLOG

お墓や納骨に関する豆知識 <無縁墓と永代供養について>

2021/06/15

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

最近、無縁墓が増加傾向にあります。過疎化が進む地方はもとより、都市部にお住いの人の中にも少子化や生涯未婚率の上昇等を背景に「いずれ無縁墓になってしまうのではないか・・・」と不安を抱えている方も少なくないと思われます。

無縁墓とは、お墓の維持管理費がお寺等に支払われず、墓守といった関係者と一切連絡が取れなくなってしまったお墓のことを指します。

この状態が長期間続くと、最終的には無縁墓は処分されて跡地は更地になります。

こうした事態を避けるための選択肢の1つとして永代供養があることをご存知でしょうか?

永代供養とは、永代供養とは、お墓を継ぐ人がいない方のために、寺院等が永代にわたり、責任を持って管理・供養をおこなうことです。

日本福祉サポートは一般社団法人という立場で、全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。お墓のことで残された人に負担をかけたくないとお考えの人には、永代供養墓や納骨堂は大変魅力ある選択肢の1つです。ご相談はもちろん無料ですので、遠方にお住まいの方でもお気軽にお問い合わせください。

尚、お問い合わせメールを送ったのにこちらから回答が無い場合は、回線トラブル等で受信できていない可能性がありますので、その場合は、お手数ですがお電話(フリーダイヤル0120‐666-854)にて再度ご連絡くださいませ。

ロゴ