BLOGブログ
BLOG

近年、成年後見制度をご利用される人は増加してきております

2021/07/13

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県の日本福祉サポートです。

これまでのブログ記事の中で何回かテーマとして取り上げてきた「成年後見人」ですが、実はこの成年後見制度は、2000年に設けられたばかりの制度なのを皆さんはご存知でしたか?

比較的に新しい制度なのにもかかわらず、近年、成年後見制度をご利用される人は増加してきております。

その大きな理由の1つとして挙げられるのが、日本が急速に高齢化社会になってきたことです。

成年後見制度は、認知症などの理由により、自己判断能力が不十分になった方々をサポートしていくための制度ですので、高齢化社会となった現代においては、今後もそのニーズはますます高まっていくものと思われます。

また、事故やケガ等により、自己判断能力がなくなってしまうことも考えられます。つまり、自分の身のまわりのことをはじめ、各種手続きや財産の管理など、誰かのサポートがなければ成り立たなくなる生活は、実は誰にでも起こり得ることなのです。

特に身近に親族がいらっしゃらない独り身の高齢者の場合、この成年後見制度はご検討されておくのも宜しいかと思います。

日本福祉サポートでは、成年後見人に関するサポートを現在検討中です。私達は一般社団法人として何ができるのか?どんなことに貢献できるのか?というテーマに対して、積極的に向き合ってまいりたいと思います。

何かご意見・ご要望等がございましたら、どうぞご遠慮なくご連絡ください。もちろん、できること・できないことは存在しますが、一つひとつのご意見に耳を傾けることで今後の運営に役立てていきます。皆様からのご相談、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

ロゴ