BLOGブログ
BLOG

お墓や納骨などの供養に関する豆知識 <無縁仏と無縁墓>

2021/09/12

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

今年も秋彼岸が近づいてまいりました。このブログをご覧になっている皆様の中にも、お墓参りを予定されている人がいらっしゃると思います。参拝当日は晴れるといいですね。

さて、お墓参りをするため墓地や霊園を訪れた際に、もう何年も管理されていないような古いお墓を目にしたことはありませんか?おそらくそれらは、無縁仏・無縁墓と呼ばれている類いのものだと拝察いたします。

無縁仏とは、供養してくれる親族や縁者がいない仏のことです。仮に、親族や縁者がいたとしても、遺体の引き取りを断られた場合は、無縁仏という扱いになるみたいですね。

また、無縁墓とは、時間的な経過により管理・供養する人間がいなくなってしまった状態のお墓を指します。

ちなみに、法律上、管理する縁故者のいなくなった墓は、墓の管理者に対して名乗り出るよう告示し、1年以内に申し出がなければ無縁とみなされるそうです。

近年は核家族化、そして少子高齢化が進み、独り身の方や子供のいないご夫婦など、お墓の承継者が存在しない人が増えてきたことを背景に、無縁墓も増加傾向にあるとのこと・・・そうなる前に墓じまいをして、永代供養を選択する人も少なくないようですね。

永代供養とは、お墓を継ぐ人がいない方のために、寺院が永代にわたり責任をもって管理・供養をおこなうことです。

日本福祉サポート全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。葬儀や納骨のことでご質問やご不安なことがございましたら、ご相談はもちろん無料ですので、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

ロゴ