BLOGブログ
BLOG

納骨堂は屋内型施設なので台風や秋雨前線の影響はありません

2021/09/21

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

昨日9月20日は敬老の日でしたが、彼岸入りでもありました。つまり、昨日から26日の彼岸明けまでの7日間が今年の秋彼岸の期間です。皆様の中にもお墓参りに行かれる方がいらっしゃるのではないでしょうか?

一般的なお墓は屋外に建立されておりますので、この時期のお墓参りにおいて、どうしても気になるのが空模様・・・さわやかな秋晴れとなればいいのですが、秋雨前線や台風の影響であいにくのお天気になってしまうことも少なくありません。

悪天候の中、線香やお花を持っての移動は、特に高齢者にとって大きな負担となります。

その点、納骨堂は屋内型施設ですので、天候に左右されることなく、冷暖房完備の室内で、1年365日いつでも快適に参拝することができます。

もちろん、清掃などの維持・管理作業は、施設のスタッフが責任を持って日々おこなっておりますので、参拝者のご負担は基本的に発生しません。

ちなみに、日本福祉サポートが運営・管理する納骨堂の「光彩堂」の場合、常に新品のお線香が設置され、新鮮なお花も飾ってありますので、いつでも手ぶらで気軽にお参りすることができます。

日本福祉サポートは一般社団法人という立場で、全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。お墓のことで残された人に負担をかけたくないとお考えの人には、永代供養墓や納骨堂は大変魅力ある選択肢の1つです。ご相談はもちろん無料ですので、遠方にお住まいの方でもお気軽にお問い合わせください。

尚、日本福祉サポートでは、お客様からのお問い合わせは、メールよりお電話(フリーダイヤル:0120-666-854)でのご連絡をご推奨しております。

それは感情や思い、そして微妙なニュアンス等が、お電話に比べるとメールでは少々伝わりづらいと考えているからです。

また、せっかくお問い合わせメールを送ったのに、インターネット環境の不具合等により、いつまで経っても回答がないといったトラブルも考えられます。

リアルタイムでやり取りができて、尚且つ、私達の対応を直接肌で感じていただくためにも、特に最初のお問い合わせは、お電話にてご連絡されることをお勧めいたします。

ロゴ