BLOGブログ
BLOG

孤独とストレスとどう向き合うか?社会的孤立を防ぐサポート

2021/10/06

2021年9月26日のヤフーニュースの中に、「孤独とストレスは肥満より死亡リスクが高い 一人暮らしでの対処法」というNEWSポストセブンの特集がご紹介されておりました。

記事によると、『ストレスは全身に慢性炎症を起こし、それが高血圧や動脈硬化、脳卒中、あるいは脳細胞の慢性炎症によって認知機能の低下などの原因になるといわれる』とのことです。

また、『アメリカのブリガムヤング大学は、340万人以上のデータから、「孤立」や「社会的孤立」「一人暮らし」が死亡リスクを高めると発表している』ということが書かれてありました。

特に筆者の印象に残ったのは、『社会的孤立は、自分で何とか解消できる部分もある』、『心の中をさらけだすような濃厚な人間関係ではなく、ほどよい距離感のゆるやかな関係があることが、老いを生きるうえでは、大事なセーフティネットになる。それは、人によっては介護サービスになるかもしれないし、顔なじみのご近所さんかもしれない』という部分です。

日本福祉サポートはお墓や納骨・永代供養といったことのサポートだけではなく、ひかりの会の会員の皆様を対象に生活支援のサポートもおこなっております。

私達は会員の皆様にとって、専門的な知識とノウハウを兼ね備えたスペシャリストであり、カウンセラーであり、時には寄り添う友人のような存在でありたいと思っております。

ひかりの会の詳細や、ご入会に関することにつきましては、お気軽にフリーダイヤル0120‐666-854までお問い合わせください。

ロゴ