BLOGブログ
BLOG

納骨やお墓の問題は家族・親族間の事前の話し合いが重要です

2021/11/06

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

お墓のことで遠方に住んでいる子供達に迷惑をかけたくないと考えて墓じまいを検討する人は増えてきていますが、納骨やお墓の問題は、家族・親族間の事前の話し合いが重要です。

なぜなら、例えば墓じまい後に永代供養や樹木葬で合祀をしてしまってから、「そんな供養は認めない」という人が現れても、もう遺骨を個別に取り出すことはできないからです。

「先祖代々受け継がれてきたお墓があるのだから、これまで通り子供が継承していくのは当たり前だ」と考える人もいれば、「そもそも維持管理が必要なお墓というものに必要性を感じることができない」という人もおります。

現代社会において、供養に対する価値観や考え方はひとり一人異なり、答えは1つではありません。

残された家族・親族の間で軋轢を生じさせないためにも、話し合いの場をもち、よりベターなお互いが納得できる結論を導き出してほしいと思います。

日本福祉サポートは一般社団法人という立場で、全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。お墓のことで残された人に負担をかけたくないとお考えの人には、永代供養墓や納骨堂は大変魅力ある選択肢の1つです。ご相談はもちろん無料ですので、遠方にお住まいの方でもお気軽にフリーダイヤル0120‐666-854までお問い合わせください。

ロゴ