BLOGブログ
BLOG

終活年賀状・年賀状じまいとは?作成する際の留意点は何?

2021/12/04

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

12月に入りましたね。月日が経つのは早いもので、気がつくと今年も残すところ1カ月を切りました。

そろそろ年賀状の準備をスタートされる方も少なくないと思いますので、今回のブログでは、その年賀状に関するトピックスを取り上げたいと思います。

皆さんは「年賀状じまい」という言葉を耳にしたことはありますか?高齢等の理由により、今後の年賀状のやり取りを辞退する旨を相手に伝える最後の年賀状のことです。

いわゆる終活の一環として、儀礼的な年始挨拶を廃止する人もいらっしゃることから「終活年賀状」とも言われているようですね。

この終活年賀状を書く際には、相手に対して失礼のないように「なぜ、年賀状をやめるのか?その理由」と「“皆様におかれましては”や“どなた様も”のような表現で、例外なく全員に年賀状じまいを伝えていること」を書き添えるのが留意点として挙げられます。

また、年賀状のやり取りを辞退するだけであって、お付き合い自体は今後も電話等で続けていきたい旨を文面に入れると、受け取った方も安心されるのではないでしょうか?ご参考になれば幸いです。

日本福祉サポート全国の皆様を対象に「納骨や永代供養といったお墓をもたない新しい供養のカタチ」をサポートしております。葬儀や納骨のことでご質問やご不安なことがございましたら、ご相談はもちろん無料ですので、どうぞご遠慮なくお問い合わせ願います。

また、ひかりの会の会員の皆様を対象に、財産管理や遺品整理等の生活支援サポートもおこなっております。ご興味のある方や入会をご検討されている方は、いつでもお気軽にご相談ください。

ロゴ