BLOGブログ
BLOG

入院時保証人代行制度を導入している自治体もあるようです

2023/06/21

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

2022年7月4日のヤフーニュースの中に、『入院時には連帯保証人が必要…一人暮らしの高齢者はどうすれば?入院時保証人代行制度を諏訪市の病院が導入』という長野朝日放送の特集が掲載されておりました。

記事によると、諏訪市の諏訪赤十字病院が来月から、民間の保証会社が患者の医療費を立て替える制度を県内で初めて導入・・・患者が期限内に入院費を支払えなかった場合、保証会社が一時的に立て替え、その後、患者との間で債権・債務のやり取りを進める仕組みとのことです。そして、下記のようなことが掲載されておりました。

 

入院する際には一般的に、連帯保証人が必要とされますが1人暮らしの高齢者など、確保が難しい人もいるのが現状です。

制度の導入によって入院の手続きがスムーズになったり、医療費の回収業務の効率が良くなることが期待されています。

 

約1年前に配信された記事ですので、その後どうなったのかが非常に気になるところです。

皆様はどのようにお感じになりましたか?

日本福祉サポートでは生活支援サポートの一環として、身元保証人がいない方を対象に、ひかりの会の会員になっていただくことで、私達が保証人になるサービスをご提供しております。ご興味を持たれた方は、いつでもご遠慮なくお電話(フリーダイヤル:0120‐666-854)にてお問い合わせください。

ロゴ