BLOGブログ
BLOG

実家の片づけ!終活の観点からも写真・思い出の品の整理を!

2023/08/12

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県太田市の日本福祉サポートです。

今から1年前の2022年8月15日に配信されたヤフーニュースの中に、『実家の片付けで処分に困るものランキング1位は「写真・思い出の品」対処法を解説』というNEWSポストセブンの記事が掲載されておりました。

記事によると実家の片付けで処分に困るものランキングの1~9位は、下記の通りです。

 

1位 写真・思い出の品

2位 趣味・収集品

3位 家具・家電

4位 仏壇

5位 衣類

6位 食器

7位 着物

8位 宝石・貴金属

9位 その他 ※遺骨・先祖代々のものなど

 

特に1位の写真に関しては、次のようなことが書かれてあったのが印象に残りました。

 

写真や思い出の品は、取り出してみると過去がよみがえり、手放す決断がつきにくいものです。箱いっぱいのプリントした写真を1枚1枚チェックするのは、手間も時間も、残しておくべきかを判断するために頭も使います。

 

たしかにそうですね。写真のすごいところは、何気なく1枚の写真を目にするだけで、人は簡単に当時へタイムスリップすることができる点だと思います。簡単に処分はできませんよね。

この記事には、「処分しづらいものほど、親が生きているうちに判断をしてもらった方がいい」と書かれてありましたが、終活の観点から筆者も同感です。遺品整理の段階で戸惑わないようにするためにも、時間がある時に着手されてはいかがでしょう?

尚、日本福祉サポートでは専門業者と協力し、遺品整理のお手伝いもおこなっております。

このサポートを受けるには、当法人が運営する「ひかりの会」に入会していただくことが前提となりますので、よかったらこの機会にご検討願います。

入会の条件等の詳細につきましては、お気軽にお電話(フリーダイヤル:0120-666-854)にてお問い合わせ願います。

ロゴ