BLOGブログ
BLOG

終活の一環として断捨離をおこなう際の注意点は? <前編>

2024/02/13

こんにちは!新しい供養のかたちをご提案している群馬県の日本福祉サポートです。

断捨離とは、不要な物を断ち・捨て、物への執着から離れることにより、身軽で快適な生活と人生を手に入れようとする考え方ですが、終活の一環として断捨離をおこなう人はたくさんいらっしゃいます。

それは、自分の死後に家族に迷惑をかけないための「生前整理」という観点から考えると、

自分のためだけでなく、残された家族にとっても多くのメリットがあるからです。

遺品が大量に存在するケースでは、その整理と廃棄の作業に家族が疲弊してしまうことも十分考えられます。

ある団体が実施した終活に関するアンケート結果によると、既に着手している終活項目の上位に「物の整理、片付け」が挙がっておりました。

また、生前、所有物を少なくすることで整理整頓といった管理の手間が減り、どこに何があるのかを把握しやすくなるというメリットもあります・・・<後編に続く>

日本福祉サポートでは、遺品整理等のサポートにも対応しておりますが、サービスを受けるには、当法人が運営する「ひかりの会」に入会していただくことが前提となりますので、よかったらこの機会にご検討ください。

入会の条件等の詳細は、お気軽にお電話(フリーダイヤル:0120-666-854)にてお問い合わせ願います。

尚、当法人にご興味をもたれた方の中には、「電話をしたら入会を断れなくなってしまうのでは?」と不安に思われている人もいらっしゃるかと拝察しますが、日本福祉サポートでは、お客様が嫌がるようなしつこい営業は一切いたしませんので、安心してお問い合わせください。

ロゴ